2021年に観るべきカジノ映画トップ10

映画は私たちの文化において重要な部分を占めており、世論に影響を与えることもあります。カジノ映画は映画製作の黎明期頃から人々の関心を集めています。そして、その多くは実話に基づいています。

新しいカジノ映画に出会いたいと思うあなたのために、面白そうな映画をいくつかご紹介します。

 

カジノ・ロワイヤル

まずは最近の作品から始めましょう!2006年に公開されたカジノ・ロワイヤルは、ボンド映画の中でも最も人気のある作品の1つです。1973年に公開された同名の映画をリメイクしたもので、金持ちや富裕層が集まる高額取引の世界を洗練された手法で描きだしています。ダニエル・クレイグが演じる世界一有名な諜報員ジェームズ・ボンドが、多くの犯罪組織を牛耳る銀行家を阻止する任務に就きます。

 

フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス 

次にご紹介するのは実話に基づく名作であり、ジョニー・デップ演じるジャーナリスト、ハンター・トンプソンに焦点を当てた物語です。主人公はドラッグ好きのスポーツライター。ラスベガスでのスポーツイベントを取材することにした彼は、ドラッグにお金を使い過ぎた結果、アメリカンドリームを夢見るようになるのですが・・・

 

ハングオーバー

「ラスベガスで起こったことはラスベガスに置いていけ(旅の恥はかき捨て)」ということわざそのものと言える最高のコメディの1つ、ハングオーバー。独身最後のバチュラーパーティーのためにラスベガスを訪れる3人の友人たちの姿を描いた作品です。

パーティ―の翌朝目覚めると、彼らに前夜の記憶はなく、新郎はいなくなり、友人の1人が結婚指輪をしており、部屋にトラがいることに気づきます。

 

カジノ 

マーティン・スコセッシ監督の名作。この映画により、ラスベガスの謎めいた一面が多くの人々に広まりました。この映画はラスベガスの成功に一躍買ったと言えるでしょう。主役のロバート・デ・ニーロが、普通の生活を送りながらラスベガス最大級のカジノでマネージャーを務める、元ギャングのエースを演じています。

 

オーシャンズ11

大衆的人気を誇るもう1つのハリウッド超大作。プロの泥棒、ダニー・オーシャンが、ラスベガス最大のカジノからの現金強奪を企て、詐欺師のチームを結成するというストーリー。登場するすべてのカジノは、彼のライバルであり元妻の恋人が運営しているところも見ものです。

 

ザ・ギャンブラー / 熱い賭け

マーク・ウォールバーグが演じるのは、高額賞金を好むギャンブル中毒の英語教師。しかし、ブラックジャックで負けた彼は、危険な犯罪者から24万ドルを借りることに。映画全体を通して主人公を中心に展開し、彼が生きて借金から抜け出そうと必死になる様子が描かれています。

 

レインマン

主人公は一世一代のサプライズを目論む甘えたビジネスマン(トム・クルーズ)。父親の死後、遺言で自分に残されたものはバラ一輪だけだったと知った彼は、疎遠になっていた兄(ダスティン・ホフマン)に会いに行きます。彼は自閉症のサヴァン症候群でした。そして、弟は兄をラスベガスに連れてき、ブラックジャックテーブルでカードを数えさせることを思いつくのでした。

 

ルール・オブ・デス / カジノの死角

プロのディーラーの視点から映画の世界に入り込んでみたいと思いませんか?この映画ならそれが可能です。カジノの裏の顔とハリウッドが見せる華やかなイメージとは異なる一面が描かれた映画です。

 

ワイルド・ギャンブル

テキサスホールデムの才能あるポーカープレイヤーであるゲリーは、アイオワ州のカジノでカーティスというギャンブラーに遭遇します。意気投合した2人はミシシッピ川に沿って旅をしながら、さまざまな大都市で運試しをするというストーリー。

 

ラウンダーズ

主人公は法律を学ぶ普通の学生であり、ポーカーの才能があることに気づいたマイク・マクダーマット。しかし、彼はロシアのギャングとの対戦で大金を失い、すべてのゲームに勝つことはできないと気づきます。